気軽に集まり、交流できる場に
「ほんまちえんがわはうす」が開所式

5月22日(日)、腹話術や落語などのイベントたくさん

「気軽に来て、楽しんでもらえれば」と話す小林さん

空き家になった古民家を改修し、キッチンやフリースペースなどを設けた交流施設「ほんまちえんがわはうす」(和歌山市北桶屋町)が今年3月にオープン。5月22日(日)午後1時〜4時、開所式が行われます。

同施設は、木造平屋1階で1950年に建てられたもの。所有者の小林修治さんが2019年、地区の交流拠点になればと考え、同市内でイベントを企画する団体「Team MAK―e Spot(チーム・メイク・スポット)」や信愛大学の学生の協力を得ながらリフォームを開始しました。21年には、和歌山市の補助金を活用して一部分を改修し、今春ようやく完成しました。

道に面して縁側があり、自由に室内に出入りできる昔ながらの間取りを残しており、小林さんは「私が子どもの頃は、近所の人たちが縁側に集まり、とてもにぎやかでした。時代は変わっても、子どもからお年寄りまでが気軽に集まり、交流できる場になることを願っています」と。すでに、子ども食堂や子ども縁日、大学生のゼミの教室として利用されていますが、今後は落語会や大人食堂を開くなど、活用の幅を広げていくとしています。

開所式当日は午後1時からテープカット、1時半から「親子おもちゃ修理教室」(4組、要申し込み)やハーモニカ演奏、腹話術、落語などのイベントが開かれます(左記参照)。小林さんは「。地域の人と一緒に、ここを盛り上げていければ」と話しています。参加・入場無料、入退場自由。

バルーンアートを楽しむ子どもたち

 

申し込み・問い合わせ090(7100)2316 グループえんがわ・小林さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」
     年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生100年時代、趣味や習い事、かつての夢…
  2. 小さな頃から食卓に並ぶおかずや、学校帰りに食べた思い出の味…。地域の人々から、愛され続ける味を紹介す…
  3.  戦乱の世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた徳川家康をまつる、紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)の大祭「和…
  4. ゴールデンウィークならではのこども向けワークショップが、4月27日(水)~5月3日(火)まで近鉄百…
  5. リビング和歌山4月30日号「まだまだ見~つけた!神出鬼没のキッチンカーPart3」
     昨年、2回にわたって掲載した「キッチンカー特集」。おいしさと笑顔を運ぶかわいいキッチンカーたちに…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」

    2022/5/19

    リビング和歌山5月21日号

    リビング和歌山2022年5月21日号 年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生1…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/5/19

    2022年5月21日号
  2. 2022/5/12

    2022年5月14日号
  3. 2022/5/5

    2022年5月7日号
  4. 2022/4/28

    2022年4月30日号
  5. 2022/4/21

    2022年4月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る