複数育児は
“平等”を目指さず
“公平”目指して気楽にいこう

子どもが2人以上いるお母さんからよく聞く悩みが、「平等に扱えていない…」というもの。手のかかる子に多く時間を費やしたり、聞き分けの良い方に負担を掛けてしまったりなど、申し訳ないと思っているお母さんは多いようです。

でも、安心してください。実は、子どもたち自身、お母さんに平等を求めているわけではありません。ぜひこの機会に平等を手放して、公平な育児を目指してください。平等とは、本人の資質に関わらず、全く同じ機会を提供することです。結果はそれぞれで異なります。それに対して公平とは同じ結果を得るために、それぞれの子に合わせて異なる機会を与えること。

例えば、同じ「お母さんと一緒にいたい」でも、片方は一緒にお外で思いっきり遊びたいと思っているのに対し、もう片方はギューッと抱きしめてもらって安心したいと思っているかも知れません。平等にこだわって「それぞれに絵本を読んであげよう」としても、ふたりとも満たされませんね。それぞれに合う異なった接し方をしてこそ、ふたりとも満足できるのです。

不安に思ったら、ぜひそれぞれの子どもにどうしたいか聞いてみましょう。「あなたはどうしたい?」と問いかけてみるとそれぞれが全く違う答えを返すことに気付くでしょう。公平な育児とは、子どもに寄り添う育児です。兄弟姉妹でも、そもそも違う人間。一人一人違う気持ちに寄り添うために、ぜひ「あなたはどうしたいの?」と聞いてあげてくださいね。

著者むらたますみ
キッズコーチングマネジャー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
HPキッズコーチングマネジャー
https://momsknack.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」
    イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野生の鳥獣による農作物の被害…
  2. リビング和歌山11月27日号「いつもの飾り付けに、あなたらしさをプラス 今年はワクワク膨らむマイクリスマス」
     12月24日まで1カ月を切り、華やかなクリスマスシーズンが到来。ワクワク気分を高めてくれるクリス…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4. 年の門出を祝うご馳走を 1年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  5. リビング和歌11月20日号「校区外から加太小・中学校への就学が可能に アットホームな学校生活を」
    来年度から、和歌山市立加太小・中学校に通学区域以外の子どもも就学が可能に。大規模の学校とは違った環…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」

    2021/12/2

    リビング和歌山12月4日号

    リビング和歌山12月4日号 イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る