体験型ショールーム誕生 ガールズDIY

体験型ショールーム誕生 ガールズDIY

 自分の手で家具を作ったり、古いものをリメイクしたり、人気上昇中の「DIY(Do it yourself)」。女性が気軽にDIYを体験できるスポット「ボックスゼロ」がオープンしました。今回、体験教室もご用意。自分で作る楽しさを体感してみませんか?

木材や作るコツをアドバイス
女性が教えるDIY教室

チョークボード

チョークボードペイントを塗ると、木の板がチョークボードに変身!

ウオールシェルフ

ウオールシェルフももちろん手作り。必要なサイズを設計すれば、収納スペースがいっぱい

カウンター

すべて木材で作られたカウンター。漆喰(しっくい)を塗るだけで、重厚感ある仕上がりに

 和歌山市十番丁にオープンした「ボックスゼロ」。家具作りやリノベーションが体験できるだけでなく、クリエーターのプロデュースを手がけたり、会員登録した手作り作家がワークショップや展示会を開くことができる体験型ショールーム&ハンドメードのシェアスペースです。
 開設したのは、以前同じ住宅メーカーで働いていた主婦の岡本朋香さんと北林敦子さん。ハンドメード作家との交流が広く「彼女たちの才能を広めたい」という岡本さんの思いと、DIYやリノベーションの知識と技術を持つ北林さんの能力がマッチングし、今年の秋に完成しました。
 工具が完備された作業場では、DIYやリノベーションの体験教室を展開。木材の選び方や、道具の使い方、作るときのちょっとしたコツなどをレクチャーしてくれます。「ここで学んだことを持ち帰って、自宅でも挑戦してもらえれば」と岡本さん。女性スタッフが教えてくれるので、初心者でもチャレンジしやすいのも魅力です。もちろん男性の利用もOK。
 ワークショップやイベント情報などは、ホームページにアップされるので、随時チェックして。

身近なものを使って
手作りの面白さを伝えたい

体験型ショールーム誕生 ガールズDIY

 偶然再会を果たし、ひょんなことからボックスゼロを立ち上げることとなった2人。ちょうど空きテナントがあることを知った2人は、思い立ってから2カ月というスピードで設立させました。
 ボックスゼロの運営をこなす岡本さんは、「ハンドメード作家である友人たちを生かせる場を作りたいと思いながら、どうすれば形にできるんだろうと考え、3年ぐらい悩んでいました。あるとき、自分がやればいいんだと気付き、ここを設立しました」と、開業のきっかけを話します。
 一方、北林さんは10年かけてほとんど自宅をリノベーションしたという腕前の持ち主。「夕方になれば作業をやめて夕食を作ったり、子どもが寝ている間に音の出ない作業をしたり、コツコツ完成させました。次にやることを探しているときに、岡本さんからこの話をいただいて、内装を変えるくらいなら私にもできるからやろうと思いました」と話します。

岡本朋香さん

岡本朋香さん(42歳)ボックスゼロのプロデューサー。2児の母としても奮闘中

北林敦子さん

北林敦子さん(44歳)インテリアコーディネーターと整理収納アドバイザー2級の資格を持つ1児の母

仕事に、育児に、趣味に…
エネルギーあふれるママが活躍

地図

 2人の思いが合致し、岡本さんはプロデューサーとして、北林さんはデザイナーとして新事業にチャレンジ。岡本さんは、「みんなの〝やりたい〞と思うことを応援し、才能を発信していきたいです」と意気込みを語ります。北林さんも「材料はホームセンターなど買えるもの。身近なものを使って、いろんな人に自分で作る良さ広めていきたいです。DIYは敷居が高いと思っている人も多いと思うので、もっと手軽に感じてもらえれば」とにっこり。
 仕事に、育児に、趣味と、パワフルなママたちが活動するボックスゼロ。手作りの良さは、自分が欲しいものを希望のサイズや色に合わせて作れること。作り手によってそれぞれの個性が輝き、同じ材料を使っていても一つとして同じものは出来上がりません。
 ものがあふれる現在だからこそ、作品を作る楽しさや、工夫することのおもしろさを知り、生活を楽しむことを実感してみませんか。

DIY入門

会場 ボックスゼロ(和歌山市十番丁)
申し込み 073(428)0281和歌山リビング新聞社

フロント特集

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る