毎日生き生き健康通信vol.7
その体の不調、もしかしたら
「睡眠時無呼吸症候群」かも

「いびきがひどい、と家族に言われる」「睡眠時間を十分取っているのに、いつも眠い」。もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、スリープ・アプニア・シンドローム=SAS)かもしれません。SAS(サス)は眠っている間に無呼吸を繰り返す病気です。呼吸が10秒以上止まる状態が、1時間で5回以上、または一晩(7時間)で30回以上ある場合、SASと診断されます。

質の良い睡眠を取ることで、脳や体はリフレッシュされます。しかしSASによって体内の酸素が不足すると、それを補うために心拍数が上がったり、脳が覚醒されたりと、睡眠時でも大きな負担が掛かります。その結果、日中の生活の質の低下はもとより、生活習慣病の罹患(りかん)リスクを高め、悪化させる一因にも挙げられています。例えば、SASがあると、不整脈のリスクは4倍、脳卒中は3.3倍、高血圧は2.9倍、糖尿病は1.6倍に上がります。SASは睡眠中に症状が現れるため、自覚がない人も少なくありません。左記にチェックリストをまとめたので、まずは確認を。チェックの数が多いほど、SASの可能性が考えられます。

受診や治療先は呼吸器科や循環器科、内科、睡眠外来などの専門医療機関などがあります。SASを確認するための簡易式検査や精密検査が行われ、その結果に応じた治療が開始されます。

「CPAP(シーパップ)療法」はSASの代表的な治療法として知られ、治療機器を自分で装着する自宅療法です。シリコン製のマスクをセットし、睡眠時に空気を送り続け、気道を開きます。マスクを装着した状態で眠るため、ある程度の慣れは必要ですが、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病のリスクを下げ、良質な睡眠が得られます。保険も適用されるので、お悩みの方は専門医に相談してください。(辻本直貴)

SASセルフチェック こんな症状はありませんか
□いびきがうるさい
□熟睡感がない (夜中に何度も起きる)
□起床時に頭痛やけんたい感がある
□日中で強い眠気や疲労感がある
□肥満気味である
□喉が細く、顎が小さめ
□舌やへんとう腺が大きい
□高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある

 

店舗名和歌山駅前つじもと内科・呼吸器内科アレルギー科
電話番号073-476-5676
Webサイトhttps://wakayama-naika.com/
住所〒640-8341 和歌山市黒田95-5
診療時間(月・火・木・金)9:00-13:00 15:00-18:00
※水曜日・土曜日9:00-13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る