そら豆のクリームチーズ白和え

クリームチーズを加えることで、いつもの白和えに味の変化が!洋風で子どもでも食べやすい一品となります

《材料(4人分)》
●そら豆200g(実だけ)●豆腐300g●ニンジン1/2本●エノキ(ほかシメジなどキノコ類)適量●クリームチーズ75g●白みそ小さじ1.5●はちみつ大さじ1.5●めんつゆ適量

《作り方(約15分)》

  1. 豆腐を水切り(約30分)、クリームチーズは室温に戻しておきます。そら豆を塩ゆでにして、薄皮をむきます
  2. ニンジンは細切り、エノキはほぐして半分に切り、どちらもさっとゆがきます
  3. 水切りした豆腐をつぶし、軟らかくなったクリームチーズを合わせてよく混ぜ、白みそ、はちみつを加え、さらに混ぜます
  4. めんつゆで味を調えて味衣ができたら、そら豆、ニンジン、エノキを加えてよく混ぜます。大人向けにはブラックペッパーを効かせると、お酒に合う一品になります

レシピ提供者

家本 幸さんフードアナリスト、フードコーディネーター。食を通してまちづくりに関わる活動を展開しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」
     2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝えるためにチョコレートを…
  3. リビング和歌山1月28日号「賢く節約! 知っておきたい確定申告」
    食品や日用品、光熱費などの値上げラッシュが続き、家計のやりくりに頭を悩ませますよね。少しでも節約し…
  4. リビング和歌山1月21日号「すごいぞ!和歌山の底力 梅から広がる可能性 妊活や競走馬サプリも」
     地域発の“ものづくり”を紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」。シリーズ6回目は、梅干しなどの伝統食…
  5. リビング和歌山1月14日号「2023年卯年 和歌山で働くウサギたち」
    今年は卯(う)年。ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギのように、飛躍の一年にしたいものです。さて、そんな卯…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」

    2023/2/2

    リビング和歌山2月4日号

    リビング和歌山2月4日号  2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2023/2/2

    2023年2月4日号
  2. 2023/1/19

    2023年1月21日号
  3. 2023/1/12

    2023年1月14日号
  4. 2023/1/5

    2023年1月7日号
  5. 2022/12/26

    2022年年末年始号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る