人との出会いを大切に観光大使として大活躍

profile
観光大使
山口 智世(さとよ)さん

 3歳の頃からクラシックバレエ、歌(歌謡曲・演歌)で舞台に立ってきたという山口さん。大学生のときには、行政のキャンペーンガールに選ばれました。現在、有田川町観光大使、奈良県のやまとこおりやま観光PR大使、和歌山市観光発信人、わかやま応援団として、県内外で幅広く活躍。「さまざまな出会いがあり、人と人とのつながりが強く感じられるところがこの仕事の魅力ですね」。職業柄、土・日曜は式典に出席することが多いですが、両親や夫に支えてもらいながら、子どもも“がんばって”と送り出してくれるので活動にも力が入ります。

山口さん流
ワーキングママのおきて
 1日に起きた出来事を子どもと話し合うこと。うれしかったこと、悲しかったこと何でも話してくれます。子どもが車好きなので、ドライブをしてコミュニケーションをとることも。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンとノートで、“書くこと”を楽…
  2. 年の門出を祝うご馳走を 一年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4.  “金(筋)曜日が29(肉)日になる日”は「筋肉を考える日」(日本記念日協会認定)です。ムキムキボ…
  5. カキといえば広島県や宮城県が有名ですが、昨年から和歌山県内で新たにカキの養殖に取り組むエリアが増え…

電子新聞 最新号

  1. 2019/12/5

    リビング和歌山 12月7日号

    リビング和歌山12月7日号  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンと…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る