協会けんぽインフォメーションvol.30
医療費や体に負担がかかる
「はしご受診」は控えましょう

皆さんは「症状が良くならない」「念のために他の病院でも診てもらいたい」と不安に思い、別の医療機関を受診した経験はありませんか? このように、同じ病気やけがで複数の医療機関を受診することを「はしご受診」といいます。はしご受診を繰り返すと、医療費がかさむだけでなく、体にも負担がかかります。

継続的に同じ医療機関を受診すれば、1回目は初診料と検査料など、2回目以降は再診料が要ります。一方、はしご受診をすると毎回再診料の約4倍の初診料、さらにその都度検査料などがかかり、医療費が膨れ上がります。また、同じような薬を毎回処方されるため、薬の飲み合わせなどによっては副作用を引き起こす可能性があることに加え、画像診断などの検査を繰り返し受けることになるので体への負担も大きくなります。医療機関を変え続けていると治療法が確立しにくいので、治療期間が長引くことも考えられます。

最適な診断や治療を受けるためには、日ごろから信頼できるかかりつけ医を見つけておくことが大切です。もし、がんなどの重い病気になり、主治医以外の医師の意見を聞きたい場合は、セカンドオピニオン(左記参照)の利用をおすすめします。同じような検査や薬の処方が繰り返されることもないので、希望する場合はまず医師に相談しましょう。(全国健康保険協会和歌山支部企画総務グループ)

セカンドオピニオンの利点

①患者と主治医が納得した治療法を選択する ことができます
②誤診や見落としなどのリスクを減らすことに つながります
※セカンドオピニオンの紹介状を作成してもらう際は、「診療情報提供料」5000円がかかります(3割負担の場合、保険適用で1500円)

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  2. リビング和歌山4月20日号「知ってた?有田市に国内最大級のチューブスライダー出現」
     3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE PARK(ビッグ・スマイ…
  3. おさかな、食べていますか? 海に囲まれたニッポンは、種類豊富な水産物に恵まれています。今年度、全国…
  4. リビング和歌山4月6日号「生地卸商から始まり 多角化戦略で進化する 老舗100年企業」
    地域経済をリードする地元企業の魅力に迫る「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は和歌山市に根付い…
  5. リビング和歌山3月30日号「遊びを通した心の栄養士 おもちゃコンサルタント」
    おもちゃの広場では、全国のおもちゃ美術館に展示されている国内外のおもちゃが並びます 山本記代さん…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月20日号

    2024/4/18

    リビング和歌山4月20日号

    リビング和歌山4月20日号  3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/4/18

    2024年4月20日号
  2. 2024/4/11

    2024年4月13日号
  3. 2024/4/4

    2024年4月6日号
  4. 2024/3/28

    2024年3月30日号
  5. 2024/3/21

    2024年3月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る