協会けんぽインフォメーションvol.30
医療費や体に負担がかかる
「はしご受診」は控えましょう

皆さんは「症状が良くならない」「念のために他の病院でも診てもらいたい」と不安に思い、別の医療機関を受診した経験はありませんか? このように、同じ病気やけがで複数の医療機関を受診することを「はしご受診」といいます。はしご受診を繰り返すと、医療費がかさむだけでなく、体にも負担がかかります。

継続的に同じ医療機関を受診すれば、1回目は初診料と検査料など、2回目以降は再診料が要ります。一方、はしご受診をすると毎回再診料の約4倍の初診料、さらにその都度検査料などがかかり、医療費が膨れ上がります。また、同じような薬を毎回処方されるため、薬の飲み合わせなどによっては副作用を引き起こす可能性があることに加え、画像診断などの検査を繰り返し受けることになるので体への負担も大きくなります。医療機関を変え続けていると治療法が確立しにくいので、治療期間が長引くことも考えられます。

最適な診断や治療を受けるためには、日ごろから信頼できるかかりつけ医を見つけておくことが大切です。もし、がんなどの重い病気になり、主治医以外の医師の意見を聞きたい場合は、セカンドオピニオン(左記参照)の利用をおすすめします。同じような検査や薬の処方が繰り返されることもないので、希望する場合はまず医師に相談しましょう。(全国健康保険協会和歌山支部企画総務グループ)

セカンドオピニオンの利点

①患者と主治医が納得した治療法を選択する ことができます
②誤診や見落としなどのリスクを減らすことに つながります
※セカンドオピニオンの紹介状を作成してもらう際は、「診療情報提供料」5000円がかかります(3割負担の場合、保険適用で1500円)

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月13日号「猛暑を乗り切る夏のスタミナ 鰻祭」
    今年の夏は、観測史上最も暑かった昨年に匹敵するほどの暑さになる可能性があるといわれています。 今…
  2. リビング和歌山7月6日号「リビング夏休み特別イベント 楽しく体験!和歌山の“さかな”」
     全国のリビング新聞ネットワークが取り組んでいる“さかなをたべよう!”キャンペーン。この夏、和歌山…
  3. リビング和歌山6月29日号「見た目鮮やか、フルーツたっぷり! 夏スイーツ」
    メロンやモモ、マンゴーなど、旬を迎えるフレッシュなフルーツをたっぷりと使った夏限定のスイーツ。ショ…
  4.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和…
  5. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/7/11

    2024年7月13日号
  2. 2024/7/4

    2024年7月6日号
  3. 2024/6/27

    2024年6月29日号
  4. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  5. 2024/6/13

    2024年6月15日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る