禁断の果実“やらせ” 手を染めた理由とは?

テレビのツムジ

禁断の果実“やらせ”
手を染めた理由とは?

 今どき、こんな“ザ・やらせ”があるとは…。事前に準備した珍種生物を、自然に捕獲したように放送した「クレージージャーニー」(TBS系)のことだ。好きな番組だっただけに、なぜ。悪い薬同様に、分かっちゃいるけど、止められない状態だったのか。やらせは、その本人のモラルに一番の問題がある。だが、テレビ業界の構造にも多少なりとも原因が。少ない予算、限られた時間で、結果(面白いモノ)を撮影しないといけない。要は、プレッシャーが半端ないのだ。一部週刊誌によると、クレージージャーニーの制作トップが、ADにパワハラまがいのことをしていたという。これが真実なら、そういう体質が、番組内に、はびこっていたといえる。そんな圧を感じ、つい一線を越えたといったところだろう。といっても、生物を捕獲せずとも、面白い演出を考えることに知恵を絞るべきだ。こんな“やらせ”で、他のスタッフが否定されるのは、居たたまれない。こうなれば、過去のやらせばかりを集めた「クイズ!やらせはどこだ?」という新番組をしては? 驚くほど、その映像があったりして。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  2020年(ニャオニャオ年)2月22日(ニャンニャンニャンの日)。読者の皆さまから「ネコちゃん川柳…
  2. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  3.  真っ赤に熟したおいしそうなイチゴ。今の時期スーパーなどでさまざまな品種が並びます。本来の旬は4~5…
  4.  さまざまなお店に、華やかなチョコレートがずらりと並ぶ季節。最近のバレンタインは、普段は買わないよう…
  5.  全国的にも、じわりじわりとブームが広がるボードゲーム。和歌山市にもボードゲームを楽しめる機会が広が…

電子新聞 最新号

  1. 2020/2/20

    リビング和歌山 2月22日号

    リビング和歌山2月22日号 2020年(ニャオニャオ年)2月22日(ニャンニャンニャンの日)。読者…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る