《材料(4人分)》
●里芋8個(約300g)●サツマイモ(小ぶり)1本(約200g)●無調整豆乳600cc●固形コンソメ2個●バター20g●マヨネーズ小さじ2

《作り方》

    1. 里芋とサツマイモは洗って皮をむき、すりおろします
    2. ①と豆乳を鍋に入れ、弱火でプクプクするまで焦がさないようにかき混ぜながら煮ます。コンソメとバターを加え、さらに約5分煮ます
    3. 最後にマヨネーズを入れて軽く混ぜ、マヨネーズが溶けたら出来上がり

     里芋には18種類のアミノ酸が含まれています。カリウムも豊富で、余分な塩分を排出するのを助けます。また、サツマイモに含まれるビタミンCは、デンプンに守られているので加熱しても壊れにくい特徴があります。ヤラピンという白いミルク状の液体は、便秘予防に役立つ成分。こうした成分を逃さないよう、生をすりおろしてスープにしました。

レシピ提供者

土谷千鶴さん
野菜ソムリエプロ、キッズ野菜ソムリエ講師、食育マイスターなど、食に関する幅広い資格を持ち、活躍中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  3.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…
  4.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  5.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/7

    リビング和歌山 11月9日号

    リビング和歌山11月9日号 今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る