GW明けは五月病に注意!
「行きたくない」には
まず全肯定が第一歩

4月も後半になると、そろそろ新生活にも慣れ、ゴールデンウイークが楽しみになるころ。でも、実はその後、ちょっとした試練が待ち受けている場合があります。子どもたちが急に、園や学校に「行きたくない」と言い出すことがあるのです。いわゆる五月病。「行きたくない」なんて言われると、親としてはついつい「どうして?」「そんなこと言わないで」「とにかく行きなさい、行ったらなんとかなるから」と言ってしまいがち。でも、これが大きなNG行動です。問いただすばかりでは、まだ自分の気持ちを正確に表現できない子どもは萎縮してしまいます。

こんな時に効果的なのが“おうむ返し”。まずは「行きたくないのね」と、子どもの言葉を繰り返して肯定してあげましょう。お母さんに自分の気持ちが届いたことを知って安心できます。「どうして?」「何があったの」と問いただすのではなく、ただ受け止めてあげてください。

特に進級進学の時期は、子どもは新しい環境になじもうと努力しているもの。新しいことが多過ぎて、情報過多になっています。どうしても休みたいと子どもが言うなら、かなり疲れている証拠です。大人でも仕事に行きたくない日はあるものです。「行きたくない」の一言を重く受け止めすぎる必要はありません。

必要なのは、リフレッシュ。無理をさせず、一日休ませてあげるのがいいでしょう。好きなことをして過ごし、頭の中をリセットできたら元気を取り戻せます。

著者むらたますみ
キッズコーチングマネジャー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
HPhttps://momsknack.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」
     2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝えるためにチョコレートを…
  3. リビング和歌山1月28日号「賢く節約! 知っておきたい確定申告」
    食品や日用品、光熱費などの値上げラッシュが続き、家計のやりくりに頭を悩ませますよね。少しでも節約し…
  4. リビング和歌山1月21日号「すごいぞ!和歌山の底力 梅から広がる可能性 妊活や競走馬サプリも」
     地域発の“ものづくり”を紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」。シリーズ6回目は、梅干しなどの伝統食…
  5. リビング和歌山1月14日号「2023年卯年 和歌山で働くウサギたち」
    今年は卯(う)年。ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギのように、飛躍の一年にしたいものです。さて、そんな卯…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」

    2023/2/2

    リビング和歌山2月4日号

    リビング和歌山2月4日号  2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2023/2/2

    2023年2月4日号
  2. 2023/1/19

    2023年1月21日号
  3. 2023/1/12

    2023年1月14日号
  4. 2023/1/5

    2023年1月7日号
  5. 2022/12/26

    2022年年末年始号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る