和歌山バーテンダー物語 vol.12

20150912bar

店の通りに面する側は、全面ガラス張り。中が丸見えで、何枚かあるガラスの一枚が入口だ。店内からは真っすぐに市堀川を見据え、9月中旬ぐらいになると、夕陽が真正面にドラマチックに沈んでいくという。

いい音楽が聞こえる。いいアンプとスピーカーがある。至るところに観葉植物が配置され、テーブルも小粋。アトリエであっても不思議でないと思った。とにかく、この1年で写してきたBARとは一線を画す。

カウンターの向こうに、ハットにTシャツ、パンツ姿のマスター。「バーテンダーらしくなくて、いいですか?」と穏やかに発する。確かにらしくない…と思ったが、あまりにも溶け込んでいて違和感はなかった。とりわけ、着物のような柄と色合いのパンツが気になった。

バーテンダーというよりアーティストっぽい。しかし、グラスを拭く所作、酒を注ぐ手つきは、まさしくバーテンダーそのものである。
20150912otona01
「お酒だけじゃなく、カフェも出しています」。それもここでは似合うと思った。また、「ここ市駅前に移ってきて(以前は鈴丸丁)、自分の店だけでなく、いろんなことに挑戦していきたいと思うようになりました」と、市駅前周辺の街づくりについても語るマスター。その話に、「実現していくんじゃないですか」と素直に言葉が出た。

撮影が終わり、店を後に。夜の風景を想像してみた。ゴッホが描いた油彩「夜のカフェテラス」と重ね合わさった。

今週号が最終回になります。ご愛読ありがとうございました。

20150912otona02

住所和歌山市元博労町55
電話番号073(433)6691
営業時間午後5時~翌2時
休日日曜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人リビング

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  2.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  3. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…
  4.  季節の変わり目は体調を崩しがち。普段から食べるものにも気をつかっておきたいもの。薬膳料理はそんな人…
  5.  梅雨も過ぎ、すっかり夏本番。じりじりと暑い日は、ツルッとのど越しさわやかな「冷やし麺」を食べません…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/15

    リビング和歌山 8月17日号

    リビング和歌山8月17日号  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る