小野田寛郎さんの生き様が演劇に
演劇街道きのくにプロジェクト・劇団紀州合作
12月4日(土)、5日(日)、海南市の「劇場すわん江戸村」で上演

実話をもとにフィクションで
主人公を通して小野田さんを

宇賀部神社で舞台公演の記者会見が行われました。公演関係者と小野田典生宮司

宇賀部神社で舞台公演の記者会見が行われました。公演関係者と小野田典生宮司

太平洋戦争が終わった後もフィリピンルバング島に潜伏し、約30年後に帰還した元陸軍少尉の小野田寛郎さん。その史実をフランス人が描いた映画「ONODA一万夜を超えて」が、今秋話題を集めましたが、次は昭和時代劇になって小野田さんの出身地・海南市の劇場すわん江戸村で上演されます。

タイトルは、「負け。―生きる―」。〝きのくにの魅力〟を舞台という手段で発信している「演劇街道きのくにプロジェクト」と、すわん江戸村を拠点に活動する「劇団紀州」の合作。「小野田さんを紹介する作品ではありますが、直接描くのではなく、捜索協力をした架空の人物を主人公に置いたフィクションで、角度を変えてとらえた作品」と脚本を手掛けた金澤寿美さん。劇団紀州の代表・市川昇次郎さんも「どの方向から小野田さんをとらえ、どう演出すればいいのか金澤さんと議論を重ねました。劇を見てもらえば、タイトルに納得していただけると思います」と話します。

本家筋にあたる宇賀部神社の小野田典生宮司も「寛郎は、人間は生きるために生まれてきたのに、自ら命を絶つことに心を悩ましていました。生きるということに焦点を当てていただき、心に何らかの形で響くものがあればうれしいです」と期待を寄せます。

公演日時12月4日(土)、5日(日)午後1時、午後6時(開場は1時間前)
場所劇場すわん江戸村(海南市且来)
料金一般前売り2500円(当日3000円)、学生1500円、未就学児無料
チケットインターネット予約(https://stage.corich.jp/stage/115242)の他、劇場すわん江戸村などで販売
問い合わせ090(6065)0470
演劇街道きのくにプロジェクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」
    イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野生の鳥獣による農作物の被害…
  2. リビング和歌山11月27日号「いつもの飾り付けに、あなたらしさをプラス 今年はワクワク膨らむマイクリスマス」
     12月24日まで1カ月を切り、華やかなクリスマスシーズンが到来。ワクワク気分を高めてくれるクリス…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4. 年の門出を祝うご馳走を 1年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  5. リビング和歌11月20日号「校区外から加太小・中学校への就学が可能に アットホームな学校生活を」
    来年度から、和歌山市立加太小・中学校に通学区域以外の子どもも就学が可能に。大規模の学校とは違った環…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」

    2021/12/2

    リビング和歌山12月4日号

    リビング和歌山12月4日号 イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る