念願のマイホームは新築一戸建て
“買う”のか“建てる”のか?
建売住宅と注文住宅を比較

資金、時間、労力、価値観で検討を

和歌山県内に在住で、これから家づくりを始めようと思っている人の大半は、“新築一戸建て”に夢を膨らませているのではないでしょうか。その新築一戸建てを、あなたは“買い”ますか? “建て”ますか? 建売住宅も注文住宅も手掛ける「幸福建設」(和歌山市太田)の建築部部長・髙橋賢二さんの協力を得て、両物件を比較してみました。

「そろそろマイホームを…と、検討中の人はすでにご存じだと思いますが、建売住宅とは、土地と住宅がセットで販売されている“買う”家。間取りや設備・仕様はあらかじめ決まってます。一方、注文住宅は、注文してから“建てる”家。親などから譲り受けた土地がなければ、土地探しからスタートします」

ほとんどの人は、最初は注文住宅に関心がいきがち。ですが、近年は若い世代を中心に建売住宅の売れ行きも好調なのだそう。「実際に目で見て広さや質感、雰囲気を確かめられますからね。間取りも仕様も設備も自由度はありませんが、その分低価格で、万人受けする設計になっています。たまたま住みたいエリアに完成した建売住宅を見学して気に入り、購入を決める人もいらっしゃいます」と髙橋さん。

しかし、“自分らしさ”を追求する人には、建売住宅は不向き。「ものづくりが好きな人、趣味にこだわる人、理想の家をかなえたい人などは、一からつくり上げていく注文住宅を選ばれます。時間も労力もお金もかかりますが、その分完成したときの喜びはひとしお。皆さん、家づくりの過程を楽しまれています」と。予算的にフルオーダーの注文住宅が難しくても、自由度が高いパターンオーダーという選択肢も。

念願のマイホームでの新生活を想像しながら、懐具合、住まいに対する自分たちの価値観を考えてみてください。

  建売住宅 注文住宅
工期 完成物件であれば、購入手続きが済めば入居可 土地探し、プランニングに加え、着工から引き渡しまで一定の期間が必要
費用 価格が明確、注文住宅より低コスト こだわればこだわるほど費用がかさむ
間取り・仕様・設備 一般的には変更不可 自由度が高い
工程、構造確認 完成している場合は、説明を聞くだけ 建築過程が見られる
仕上がりイメージ 実物を目で見て確認、もしくは類似のモデルハウスで確認 設計図、サンプル、パースでイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る