既存住宅をもっと住みやすく、快適に⑤
憧れのキッチンリフォーム 使いやすい動線、空間に

何が不便でどう改善したいかを明確に

大事に暮らしていても築年数とともに少しずつ老朽化していくマイホーム。老後の暮らしを視野に入れ、専門家にリフォームのアドバイスをしてもらうシリーズ。今回は、リクシルリフォームネット登録店「リフレ」(和歌山市西高松)の取締役・西山佳宏さんに、キッチンのリフォームについて話を聞きました。

「リフレ」で手掛けたキッチンリフォームの一例。改善したいことを明確にして物の整理から

キッチンリフォームは女性の憧れ。設備の劣化、使い勝手の悪さ、蓄積した汚れ、水回りの不具合、子ども・孫らとの団らん空間に…などきっかけはいろいろですが、「キッチンのリフォームって本当に“選ぶ”ことが多いんです。軸がぶれないように、まずは、現状のキッチンは何が不便で、どう改善したいのかを明確にして、今ある物を整理した上で、リフォーム業者に相談を」と西山さんアドバイスします。

流し台、コンロ、調理台、キッチン収納などが、ワークトップと呼ばれる天板でつながっているシステムキッチンが今の主流。規格内で高さや調理スペース・シンクの間口などが選べ、素材もさまざま。メーカーによって得意とするところも違うそう。さらに、I型やL型、壁付き型、対面型など、スペースや用途に応じて形状も選べます。

「使い勝手はショールームで体感することをおすすめします。今は物が取り出しやすい引き出し収納が標準で、食器洗い乾燥機もはめ込む『ビルトイン型』が人気ですが、かがむ動作がつらければ、目線の高さに収納をつくる、食洗器を据え置き型にするなど対応が必要。苦が伴う動線だとリフォームの意味がありません」と西山さん。さらに、「当たり前のことですが、設備が新しくなると壁や床の古びた感が気になります。キッチンリフォームは空間で考えて!」とも。

最後に、IHクッキングヒーターとビルトインガスコンロの需要を尋ねると、「高齢になるにつれ、火が出ないIHを選択されるケースが多いですが、最新のガスコンロは安全面に十分配慮されていますし、掃除もしやすい形状になっています。それは好みかな」と教えてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 近い将来に起こるとされている「南海トラフ地震」。和歌山県は南海トラフ地震の震源域に近いため、地震・…
  2. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  3. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  4.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  5. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…

電子新聞 最新号

  1. 2021/3/4

    リビング和歌山3月6日号

    リビング和歌山3月6日号 近い将来に起こるとされている「南海トラフ地震」。和歌山県は南海トラフ地震の…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る